そして、また1年。

これでも、ひと月に一度ほどは更新したいという気持ちがあるのですが、更新せずに一年が経ってしまいました。

この一年は、ブログを通じて知り合った同期同病の仲間が旅立ち、今も尚、再発と共に生きている仲間の存在、ブログは更新しなくとも病のことを思う日の多さは変わらず、といった感じでした。

病気になったときには「私は40歳になれるのかな?」と思っていたのに、その年にもなりました。
まだ、いつどうなるか分からない。でも、日々丁寧に生きてくことを重ねていく、そんな気持ちです。

今年は久しぶりに新しい資格の勉強でもしようと思います。

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

栄養不足…だったのかなぁ?

ようやくグーグル先生の検索でも、キャッシュが削除されました。
放置ブログなのに、見に来て下さった方、ありがとうございました。

「若年性乳がん」と診断されてから、食事に気を付けていた私。
と言っても、頻度こそ減ったものの甘い物や揚げ物は普通に食べていましたが、気にしていたのは乳製品や牛肉でした。
朝食断食をすると体が軽くなり、肩こりもなくなり、快調だったんですけど…動悸がでたり、喉に不快感を覚えることが多かったり、よく痣ができていたり…ビキニクリニックのページにたどり着き、自分には鉄分が足りていないのでは?と思うようになりました。
最初は一生懸命鶏レバーから鉄分を…と頑張りましたが、ちょっとしんどい。
現在は、鉄分・たんぱく質不足なのかな?という考えに達し、フェロケルという鉄剤を輸入して飲んでいます。たんぱく質は、卵、鶏肉、豚肉から積極的に取るようになりました。

体重は一時の45キロ台をキープできずに48キロに戻りました。炭水化物をもう少し減らすことが目標です。
たんぱく質も意識して取るようになったら、胃が丈夫になったのか?胃もたれ、胃痛が起こりにくくなりました。
牛乳や牛肉は今でも自宅で購入することはほとんどないのですが、チーズはよく食卓に上ります。
太ったのは残念ですけど、動悸は全く起こらなくなりました。

私自身は厳密な糖質制限はしていないのですが、フェイスブックで有名なF先生のブログを参考にして、今後はビタミンも取り入れたいと思っているところです。


すっかり年賀状でしか連絡を取らなくなった知人。
毎年、「体調はどうですか」とだけ書いてくる。
私も元旦に着くように出していて、年賀状で返事をするわけではないのでまた翌年になる。
そしてまた、「体調はどうですか」…何年経っても、普段から側にいない人にとってはいつまでも私は病人なんだなぁと苦笑する。
毎年、元旦には年賀状を見て、もやっとする。
ご心配はありがたいけれども…
もやっとする気持ちは、ここに置いていこう。
FC2カウンター
ラティース ラティッセ
iphone アプリ 開発